ホーム > CADデータトランスレーター

当サイトでは、お客様の個人情報を SSL により保護しております。
万が一、送信データを第三者が傍受した場合でも、内容が盗み取られる心配はありません.。

株式会社シーワークスは地球温暖化防止プロジェクトの「チャレンジ25」に参加しています。


DATASTATION
パース・CGで使用する添景素材[樹木・車・人物等]、建材[ユニットバス・キッチン・照明等]を多数用意
CADデータトランスレーター DWG/DXF/JWW/SXFコンバーター

DWG  INTERFACE

データトランスレーター DWGインターフェイス

CworkCADでは、AUTO-CADのデータ形式であるDWGファイルを直接読むことも、書き出すこともできます。相手先のCADがAUTO-CADだからといって、AUTO-CADを使う必要はありません。
データの受渡しは、DWGファイルのまま行えますので、相手先のデータをそのままもらうことが可能です。寸法のデータは、そのまま寸法として認識しますので、寸法の移動、寸法値連動の伸縮作業(ストレッチ)等の便利な機能も使えます。(CworkCAD⇔AUTO-CAD双方で)
また、記号はブロック図形として読込みますので、移動,複写、削除も簡単にできます。手直し等に時間をかけることもありません。
CworkCADの3次元CADシステムからは、3D-DWGファイルを作成することができますので3次元データを有効に活用ことが可能です。
変換するバージョンも、相手先のバージョンを選択して変換することが可能です。


※対応バージョン(AUTO-CAD R13J R14J 2000 2002 2004の形式に準拠したDWGファイル

※AUTO-CADはオートデスク社の製品です。詳細はオートデスク社ホームページよりご覧下さい。



DXF  INTERFACE

データトランスレーター DXFインターフェイス

CworkCADでは、一般的なCADの互換データ形式(中間ファイル)であるDXFファイルを直接読むことも、書き出すこともできます。DXFファイルに寸法属性で記載されている寸法データは、そのまま寸法属性として認識しますので、寸法の移動、寸法値連動の伸縮作業(ストレッチ)等の便利な機能も使えます。また、ブロック属性の記号はブロック図形として読込みますので、移動,複写、削除も簡単にできます。手直し等に時間をかけることもありません。CworkCADの3次元CADシステムからは、3D-DXFファイルを作成することができますので3次元データを有効に活用ことが可能です。変換するバージョンも、相手先のバージョンにより選択して変換することが可能です。相手先のCADの変換性能により図面の一部が欠落する場合があります。DXFデータのやりとりでは事前に変換性能を確かめる必要があります。


※対応バージョン(AUTO-CAD R13J R14J 2000 2002 2004の形式に準拠したDXFファイル)



JWW  INTERFACE

データトランスレーター JWWインターフェイス

CworkCADでは、JWWファイルをまた従来のDOS版のJW-CADのデータも同様に直接読むことも書き出すこともできます。相手先のCADがJW-CADだからといってJW-CADを使う必要はありません。
また、CworkCADからJWCファイル[DOS版]を作成するときに、JWFファイルという環境ファイルも同時に作成します。このファイルをJW-CADで読込むと、文字サイズや線分等の環境をそのままJW-CADへ渡すことができます。文字化けや、全角、半角文字サイズ違いのための手直しは必要ありません。


※JWW対応バージョン(JW-CAD Windows版 )
Ver2.20-2.22d Ver2.23-2.24a Ver2.25-2.25a Ver2.30-2.51 Ver3.00-3.50a Ver3.51-4.01b

※JWC対応バージョン(JW-CAD MS-DOS版)

※JW-CADはJiro Shimizu様 & Yoshifumi Tanaka様の製品です。
詳細はJW-CADホームページよりご覧下さい。



SXF  INTERFACE

データトランスレーター SXFインターフェイス

CworkCADデータトランスファーは国土交通省の定めるCAD製図基準(案)にそった図面表現が可能になる建設CALS/EC対応CADデータフォーマット「SXF形式(.SFC・P21)」の入出力に対応しております。SXF形式の適性についてはJACIC提供のSXFブラウザVersion2.13にて評価済みです。

SXF形式とは、国土交通省指定(CALS/EC)のデータ形式です。このCADデータ形式の企画立案は国土交通省外郭団体であるJASICが担当しています。2001年度より開始された電子納品を円滑に実施するための、土木設計業務等の電子納品要領(案)、工事完成図書の電子納品要領(案)、CAD製図基準(案)、デジタル写真管理情報基準(案)、測量成果電子納品要領(案)等の要領、基準類について、策定されています。その一部であるCAD製図基準(案)が発表された図面の電子納品形式です。


※対応バージョン STEP/AP202準拠電子納品用<P21形式>、CADデータ簡易変換用<SFC形式>

※CALS/ECはJASICが企画推進するプロジェクトです。 
詳細はJASIC(財団法人日本建設情報センター)ホームページよりご覧下さい。